チラシの効果的な利用方法


数は多くないですが、定期的に依頼が入るメニューがあります。

それは「チラシ」。



新規オーダーだったり、過去のチラシの修正&印刷など様々です。



 



チラシって効果あるの?




 






チラシってSNSを中心に集客活動されている方はピンと来ないかもしれないのですが、地域のお店やお教室は、チラシはおすすめです。



  • ポスティング

  • 近隣のお店に置いてもらう

  • イベントで配布



交流会やイベントが控えているようで、そのために…という方も多いです。



 



紙媒体の集客は「地域」がキーワード




ではないでしょうか。

300枚チラシを近隣にポスティングして5,6件お問い合わせが来たとお伺いしました。



また、チラシは1回目よりも同じ地域に2,3回目にポスティングした際のほうが成約率が上がるそうです。



 



紙の質にもこだわって




お客様のチラシのサンプルが届いた際に感じたこと。

それは、新聞の折り込み知らしのような薄さのものよりも、ある程度厚みがあった方が高級感があります。



たかが紙、されど紙。



一度作っておくと追加印刷や修正は、ほぼ実費のみになります。



主力メニューのみのチラシやサロンのメニュー一覧のリーフレットなど、

紙で形にしておいて持ち歩くと、何かあったときにすぐに渡せて便利ですよ。



 



チラシとリーフレットの違いは?




チラシはどちらかというと、アピールしたいことを一つに絞って出す方が良いのかなと思います。

「体験レッスン募集中」とか「イチオシメニュー」だけなど。



リーフレットの場合は、スペースも大きいので手持ちメニュー全部載せないと足らないくらいかなと思います。

会社案内の個人版みたいな感じでしょうか。



秋から冬にかけてのチラシやリーフレットが必要な際は、お気軽にお問い合わせくださいね。

チラシ・リーフレット


ツナグデザイン

頼永恵のポートフォリオサイトです。今まで制作したホームページ・チラシなどの内容はこちらに掲載しております。

0コメント

  • 1000 / 1000