画像の文字入れ、用途に合わせると効果的


PCを使ったりスマホのアプリを使ったりして画像に文字を入れる機会がちょこちょこあると思うのですが、フォントが違うとこんなに印象が違います。






丸文字は親しみやすい雰囲気になりますが

かっちりしたお仕事な内容には不適切。



細字かつちょっとアクセントのある文字は、こちらもかっちりしたお仕事には向きません、文字自体に個性があるのでSNSへの画像投稿にはよいかもしれません。



ゴシック体の太字は、力強いので固いお仕事や男性ターゲット向きでしょうか。



明朝体は落ち着きのあるシックな雰囲気になりますので、ちょっと伝統があるものやターゲットが上の年代の方向けによいかもしれません。






英字フォントもざっと載せただけで雰囲気がどれも全然違いますよね。



たかが文字入れ、されど文字入れ



文字一つで印象が引き締まったりダサ~くなったりしてしまいます…。



特にスマホで画像に文字を入れる場合は、フォントがたくさん選べるアプリを使ってみると、ぐっと画像のクオリティが上がりますよ!

ツナグデザイン

頼永恵のポートフォリオサイトです。今まで制作したホームページ・チラシなどの内容はこちらに掲載しております。

0コメント

  • 1000 / 1000